アパート建築費の相場をきちんと知っておこう

比較的安いコストで建築することができた

さて、気になるアパート建築費の総額ですが、坪単価を55万円に設定して一部屋当たり6坪なので、」部屋で330万円の建築費用になります。
それを12世帯作るので合計で「3960万円」が本体価格になりました。
さらにガスや電気の引き込み費用や外構工事費用などが、本体価格の約20パーセントくらいかかるのでそれが「792万円」とします。
他にも、そこに建っている古い賃貸併用住宅の解体費用が150万円で、一時的な引っ越し費用が約100万円くらいですので、全部合計すると総建築費用は5000万円を少し超える程度になることが判明しました。
これが重量鉄骨であれば、7000万円くらいでコンクリート造りであれば、8000から9000万円くらいかかる可能性もあったので、木造であれば比較的安いコストで、アパートを建築することが出来ました。
ただし土地を所有していたので、土地代を含めると1億3000万円ほどになる計算でした。
土地から購入して建てた場合には、利回りは相当低くなることは言うまでもありません。
もちろん手残りもほとんどないことでしょう。
アパート建築は土地があるかないかによって、利回りや手残りは大きく変わり、借入金の金額も土地があれば、低く抑えることが出来るのです。

アパートの建築費は相場が変動する3階建ての木造アパートを建てることに決める比較的安いコストで建築することができた

アパート建築費 相場アパートの建築費の相場